主要な産地はどこ?

ブルーベリーは北半球の各地で自生しており、特に温帯圏で栽培されています。
世界的な代表産地としては、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、チリが挙げられます。
それぞれ生産時期が違い、アメリカは4月から10月まで、オーストラリアが9月から翌年3月まで、ニュージーランドは11月から翌年3月まで、チリは11月から翌年3月までです。
そのため1年を通してブルーベリーを入手できます。
栽培には酸性土壌で水はけが良いこと、十分な冬眠期間があることが
条件です。
他の有名なブルーベリーの産地はカナダや中国、アルゼンチンがあります。
日本国内における収穫量は1980年代から長野県が一貫してトップを
守っています。
なんと国内総収穫量の2割を長野県が占めており、2番手を競う
東京、群馬、茨城と合わせると5割にまで達します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ