視力とアントシアニンの関係

アントシアニンはロドプシンを助ける効果があるため、視力改善に良いとされます。
このロドプシンとは何かと言うと、私たちの網膜にある紫色のたんぱく質です。
物を見るときには網膜に入った光を電気信号に変えて脳に送ります。
その電気信号によって脳は「見える」と感じるのです。
この電気信号に変える役割がロドプシンにあります。
光を受けて分解されることで電気信号を脳に送ります。
分解されてしまいますが、再合成されるとまた元通りに働き出します。
けれども、パソコンやスマートフォン、テレビゲームなどの普及により
現代人のロドプシンは再合成の暇もないほど酷使されています。
そのため目がショボショボとしたり、かすみ目などが起きやすくなってしまっているのです。
そこで活躍するのがアントシアニンです。
青紫色の天然色素であるアントシアニンは紫色のたんぱく質である
ロドプシンの再合成を助けます。
現代人の視力改善や眼精疲労防止、そして加齢と共に進むロドプシンの減少の強力なサポーターです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ