ブルーベリーの剪定方法とは

枝が生い茂り、風通しが悪くなると病気になりやすくなったり、害虫が発生したりしやすくなります。
また、枝を減らして一度になる果実の数を減らすことにより、果実ひとつひとつが大きくなり、養分が行き渡って甘くおいしいものになるのです。

ですから、ブルーベリーは育てやすい果樹とはいえ、やはり剪定(枝を切ること)は必要です。

コツは、内向きの枝や小さな枝を落とすことです。全体を見ながら、枝が重ならないようにすっきりさせていきます。

時期は、夏と冬に行うとよいそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ