ブルーベリーとポリフェノールの関係とは

ポリフェノールには、いろいろなものがありますが、アントシアニンは、ポリフェノールの一種です。
ポリフェノールは抗酸化作用があるとされますが、アントシアニンは抗酸化作用が高いとされています。

ヒトの体内の中では、活性酸素が作られています。これは、ヒトの体内器官が正常に働かないようにしてしまう物質で、老化や病気を引き起こすことがあります。
この活性酸素の活動を抑える働きをアントシアニンが持っているとされています。

ポリフェノールは様々な食品から摂取できますが、ポリフェノールの一種であるアントシアニンを、ブルーベリーは豊富に含んでいるのです。ですから、ブルーベリーを摂取することにより、アントシアニンを効率よく取り込むことができると言えるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ