ブルーベリーに即効性はあるのか?

c2e483852b48fc33cebfb8f76fc7ab2f_s

ブルーベリーの気になる即効性

ブルーベリーなどに含まれるアントシアニンは、吸収効率に優れた成分であると言われますが、その効果が実感するのは摂取後30分程度とも、摂取後4時間程度とも言われるため、多少のバラつきがあるようです。
もし摂取後30分程度で効果が実感できれば、それは即効性があると言えるでしょうが、摂取後4時間程度となると即効性という部分では少し弱いかもしれません。

ただ、視界のクリアな感じを得たいといった場合、こうした即効性も期待できるものというのは頼りになるのではないでしょうか。

ブルーベリーの効果の持続性とは

即効性があるというのも重要なポイントにはなりますが、その効果の持続性というのも大きなポイントになってくるでしょう。
ある実験では、一度ブルーベリーの効果が出始めると、その効果がおよそ24時間持続するということがわかりました。
つまり、ブルーベリーを摂取して効果が出始めれば、丸一日はその効果が持続するということになります。

これはデスクワークをしている方などにとっては嬉しい特徴と言えるのではないでしょうか。
またこうした特徴があれば、ブルーベリーのサプリメントが1日1粒でOKということにも、より優れた説得力が加わるでしょう。

ブルーベリーのアントシアニンの良さ

アントシアニンはブルーベリーやビルベリー以外の果物などにも含まれていますが、ブルーベリーやビルベリーのアントシアニンは、体内へと吸収しやすいという特徴を持っており、またとくにビルベリーはその含有量の多さでもよく知られています。

こうした特徴を持つブルーベリーやビルベリーに着目して作られたサプリメントは食品に分類されるものです。
このため内服薬のように「食後服用」といった決まりはありません。
ですがサプリメントメーカーによっては、おすすめの飲用タイミングを紹介しているところもあります。

朝食後というのもひとつのおすすめタイミング

あるメーカーでは、食後の飲用がおすすめされていました。
ブルーベリーの効果については、食後4時間程度から出始めるという説もあるので、朝食後にお飲みいただければ、仕事を始めてから間もなくするとその効果も出てくるということになります。

そしてそれが24時間程度持続するのであれば、常に視界のすっきり感を感じながら仕事や趣味に励むということもできるわけです。
即効性にはいささか疑問視される部分のあるブルーベリーですが、持続性という面では申し分ないのではないでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ