ブルーベリーは目のクマ対策に良い?

4a9e2f804d71711afc80863a4cbcdeb7_s

目の印象は大切!

人の印象を大きく左右するのが「目」です。
目の形、色、大きさ・・・これらによってその人の印象が変わります。
また、目の下にクマがあるのとないのとでは、顔の印象がまったく違います。

目の下にクマがあるだけで、暗い人に見えてしまったり、やつれて老けて見られることも多くなってしまいます。
目の下のクマは日頃から作らないようにケアしていかなければなりません。

しかし、一度クマができてしまうとなかなか改善できないと悩む方はたくさんいます。
最適な方法でクマをなくすためには、どうしてクマができてしまうのか?を知る必要があります。
その前にクマの種類についてみていきましょう。

クマの色をチェックしてみよう

目の下のクマの色をチェックしてみてください。
青いクマ、茶色いクマ、黒いクマ・・・どのような色をしていまか?
青い色のクマは目の疲れが原因ですので、目の疲れを癒すこと、そして極力疲れをためないことが大切です。
茶色いクマは新陳代謝が悪いと考えられます。

また、眼精疲労が続くと青いクマから茶色いクマへと変化していくことが多いです。
ですので青いクマを発見したら早めに無くすように努力しなければなりません。
黒い色のクマはたるんで黒ずんでみえることが多いですので、目の周りの筋肉を強化することで改善できるでしょう。

目の疲れを癒すことが大切!

このようにクマの色によって、おおよその原因が掴めます。
もし青いクマや茶色いクマができているのなら、それは目が疲れているサインだと捉えましょう。

目が疲れているのなら、その疲れを癒してあげなければなりません。
目の疲れを癒す・・・眼精疲労対策に効果的と言われているのがブルーベリーです。
ブルーベリーをそのまま食べようと思っても、毎日続けるのは大変です。そこで活躍するのがブルーベリーサプリメントです。
サプリメントという形なら、毎日摂取するのも簡単ですし、続けるストレスもありません。

もともとクマがない状態を目指そう

ブルーベリーサプリメントを継続して摂取していくことで目の疲れを癒し、その結果、次第に目の下のクマを薄くできる可能性は大いにあるでしょう。
目の下のクマをメイクで隠そうと思っても、完璧に隠しきれるものではありません。
理想的なのは、最初からクマがない状態です。
それこそが美しい素肌であり、美しい目の印象にもつながっていきます。

目の下のクマを放置する期間が長ければ長いほどに改善が難しくなってしまいますので、日頃から目の疲れをためないように気をつけていきましょう。
仕事柄、どうしても目を酷使してしまうという方は、手軽なサプリメントがお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ