頭痛との関係

134f2f4ce5fd35b426f00f0e7b00720c_s

目の疲れからくる頭痛を改善

頭痛の原因もさまざまですが、そのひとつとして眼精疲労が挙げられます。

ですから単純に考えれば、目が疲れやすい方は頭痛にもなりやすいということになるのです。
そんな眼精疲労のケアに効果的な食べ物と聞けば、まっさきにブルーベリーを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
ブルーベリーに含まれる成分の働きによって眼精疲労が和らげば、それによる頭痛が起こりにくくなるということも十分に考えられます。
そしてその成分というのが、アントシアニンなのです。

アントシアニンとはいったい何か

アントシアニンという言葉自体は知っていても、それが何なのか具体的には知らないという方も多いかもしれません。
アントシアニンとは、あのポリフェノールの一種なのです。
また天然の色素でもあり、その色素は青紫色をしています。

このアントシアニンは、ナスやムラサキイモといった食べ物にも含まれていますが、ナスやムラサキイモも、やはりブルーベリーと同様の青紫色をしています。
アントシアニンには、眼病を予防する働きなどがありますが、一方でメタボリックシンドロームの予防であったり、花粉症の予防であったりと、さまざまな作用を持っているのです。

目を酷使することが多い現代人の生活

パソコンを使って仕事をしている方などは、仕事中は常に目を酷使しているものと考えてください。
自分自身ではそういうつもりはなくても、知らず知らず目は疲れを感じるものです。

目の酷使により、やがて目の周りの筋肉が痛みや疲れを感じるようになると、それが首や肩のこり、さらには頭痛へとつながってしまいます。

よく肩こりと頭痛の関係が話題になりますが、その肩こりにも目の疲れが関係しているのです。
頭痛を感じると、人によっては思うように動けないという事態にまでなります。
そんなツラい頭痛が、ブルーベリーによって改善させることができるかもしれません。

サプリによって頭痛薬を飲む回数が減る!?

頭痛解消のために頭痛薬を飲むことはもちろん悪いことではないですが、それによって胃腸障害が出てしまうこともあります。
空腹時には飲まないようにするといった工夫から、その対策をすることもできますが、頭痛薬を1週間以上続けて飲むような状況ですと、その対策もあまり効果は見られないかもしれません。
また、薬物乱用頭痛という頭痛薬の飲みすぎが招く頭痛もありますから、頭痛薬の頼りすぎる生活習慣は見直したほうがいいかもしれません。

ブルーベリーサプリメントによって頭痛になりにくくなれば、その頭痛薬を飲む回数もおのずと減ってくるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ