ブルーベリーと育毛は関係ある?

79e5bc4a03f976ae3d2b97b1391f2801_s

効果は眼精疲労だけじゃない?!

ブルーベリーは眼精疲労に効果的な果物です。

しかし、ブルーベリーの効果はそれだけではありません。
実は薄毛対策にもブルーベリーが活躍すると言われているのです。
薄毛に悩んでいるのは男性だけではありません。最近は薄毛で悩む女性の数が急増していると言われていますので、男女問わず注目したいことですね。
では、果たして本当にブルーベリーは薄毛対策に効果的なのかを考えていきましょう。

目にも髪にも必要なシステイン

目が疲れたときは体が自然とその疲れを癒そうとします。
その際に必要な成分がシステインというアミノ酸です。
システインは、目の疲れを改善させるためだけでなく、髪の毛の成長にも大きく関係していることが分かっています。

そのため、目の疲れに先にシステインを使ってしまうと髪の毛の成長を妨げてしまうのです。
これは大問題ですが、私たちの意思で先に髪の毛の育成のためにシステインを使おうなどと決める事はできません。

目の疲れと髪の栄養・・・優先度が高いのは

体は、ダメージが大きいことから優先的に修復しようとしています。
眼精疲労と髪の毛の成長、どちらの方が健康な体にするために重要かといえば、間違いなく眼精疲労の改善ですよね。
目の疲れを放置して視力が低下したり、肩こりや頭痛などを発症するのと、髪の毛の栄養が足りずに薄毛になるのと・・・どう考えても前者の方が問題です。
「薄毛になる方が大問題だ!」といくら考えていても体はいうことを聞いてはくれません。

目の疲れはブルーベリーで癒そう

となると、解決方法は「目の疲れをためない」ことしかありません。
そこで活躍するのがブルーベリーというわけです。

眼精疲労をブルーベリーサプリメントで改善させることができれば、システインを目の疲れに使う必要はなくなります。
その結果、たくさんのシステインが髪の生成の為に活躍してくれるのです。

また、眼精疲労を放置しておくと、血の巡りが悪くなります。
いわゆる血行不良という状態になってしまうのですが、血行不良は体のあちこちに悪影響を及ぼします。
血行不良で頭皮に栄養がうまく行き届かず、その結果薄毛になってしまうこともあります。

ブルーベリーと育毛の密接な関係

つまり、眼精疲労を放置しておくと、システインという成分の役割から考えても、血行不良という問題から考えても、髪の毛へのダメージが大きいと言えるのです。

逆に言えば、眼精疲労をためないように日頃からブルーベリーサプリメントを摂取していれば育毛にもつながるという事です。
一見関係のないように思えるブルーベリーと育毛ですが、このように密な関係性があることがお分かりいただけたことでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ