ブルーベリーの副作用

b5b55cd476a2b1a6d2a7a249d944c592_s

気になるブルーベリーの副作用

目の疲れに効果的として良く知られているのがブルーベリーです。
ブルーベリーサプリメントは現在大変多くの種類があり、目の疲れや見えにくさを感じたときは手軽にはじめることができます。

ブルーベリーサプリメントを摂取する際、多くの方が気になることがあります。
それは副作用についてです。
もし副作用があるのなら、積極的に摂取するのはやめておこうかな・・・と考える方もいるかもしれませんね。
そこで副作用の有無について検討していきます。

そのまま食べる場合は?

まず、ブルーベリーをそのまま食べる場合は、副作用の心配はありません。
また、ブルーベリーはバナナのように一年中スーパーで簡単に手に入る果物ではありませんので、食べ過ぎないようにしなければ・・・と考えるほどたくさんの量を手に入れることがまず難しいかもしれません。

何れにしろ、ブルーベリーをそのまま食する際の副作用は気にせず大丈夫です。

サプリメントの副作用は?

では、サプリメントの場合はどうでしょうか。
ブルーベリーサプリメントは薬ではありませんので、やはり副作用の心配はあまりありません。
ただし、副作用の心配がないなら一日に大量に摂取しても問題ないということではありません。
やはり大切なのは一日の摂取目安を守ることです。
なぜなら、どんな食べ物もそうですが、食べ過ぎが体に悪影響を与えることがあるからです。

食べ過ぎることでどことなく体調が悪く感じたり、医者に行くほどではないけれど調子が悪い・・・などといった状態になるかもしれません。
ですのでブルーベリーサプリメントのパッケージに記載されている摂取目安は必ず守るようにしましょう。

持続が大切です!

また、早く効果を実感したいからという理由で目安を守らずに多くの量を一度に摂取する方もまれにいますが、この行動もお勧めできません。
サプリメントは薬ではない・・・つまり、即効性の期待はできないというこ
とです。
毎日決められた量を続けることで、少しずつ効果を実感できるのがサプリメントの特徴です。
この点をしっかり理解し、結果を急がずに続けていくことが大切です。

持病がある方は注意して!

ただし、持病がある方は副作用についても注意しなければなりません。
また、普段から薬を飲んでいる方も同様です。
その場合はまずはかかりつけの医師にブルーベリーサプリメントを摂取しても良いかどうかを確認することが大切です。
また、気になる商品がすでに見つかっているのであれば、その商品の成分をチェックしてもらうとより安心できるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ