ブルーベリーの抗酸化作用について

8761a9ca3103b128a3c033c95ff61095_s

是非注目したいブルーベリーの抗酸化作用

抗酸化作用を持つとされる食べ物は多く存在します。
そんな中で、より注目していきたい食べ物としては、果たして何が挙げられるのでしょうか。
アメリカには、アメリカ農水省による老化研究所というものが設置されています。
その研究所の研究では、ブルーベリーの抗酸化作用というの研究対象になっています。

ブルーベリーを初めとする40種類ほどのフルーツと野菜では、抗酸化作用にどういった違いが出てくるのかという研究がなされ、その結果ブルーベリーには最も優れた抗酸化作用があるということがわかったのです。

抗酸化作用ではよくビタミンCなどが話題に上りますが、ブルーベリーが持つ抗酸化作用はそれとは違った化学構成式によるものだということまで判明したのです。

抗酸化作用により導かれる美肌効果とは

年齢と共に増えつつあるお肌の悩みには、活性酸素が関係していることが多いです。

なんだか最近肌につやがなくなってきた、シミが濃くなってきたといったお悩みがあれば、もしかしたらそれは活性酸素の過剰発生がひとつの原因になっているかもしれません。

その状態を改善へと導くためには、抗酸化作用のある食べ物を摂取することが大切です。
そのひとつが、上記でも取り上げたブルーベリーなのです。
ブルーベリーによる抗酸化作用の働きで、お肌に透明感や弾力を再び感じられるようになるかもしれません。
美肌のためには、こうした肌の内側からのケアも重要になってくるのです。

ORAC値にも注目してみる

ORAC値と言われる数値があります。

これはオーラック値と読み、食品やサプリメントが持つ抗酸化作用を数値として算出したもの指します。
気になるブルーベリーはというと、そのORAC値のトップ100にランクインしており、ランクは現在61位となっています。
ランクとしてはあまり高くはない印象ですが、それでもアメリカの研究所からも注目されるブルーベリーには、今後も期待せずにはいられません。

またORAC値のランキングの上位には、シナモンやオレガノといった香辛料としておなじみの食品が目立つということも特徴として挙げられます。
しかしそういった香辛料ですと、毎日摂取するというのはあまり現実的ではないかもしれません。

一方のブルーベリーであれば、今はサプリメントとしてもおなじみになっています。
そういったサプリメントは、瞳の健康のために選ばれることが多いですが、そのサプリメントによって抗酸化作用まで得られるとすれば、是非摂取したいと考える方も多いのではないでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ