ブルーベリーにも含まれている鉄分

fd801ae6a9177daab7448f9925524741_s

健康的な毎日には鉄分の摂取を

私たちの体を流れる血液と鉄分とは、深い関わりがあります。
鉄分は赤血球のヘモグロビン生鮮にも関係し、そのヘモグロビンによって酸素を体中にいきわたらせることができるのです。
体内にある鉄分のうち、6~7割はそのヘモグロビン生成に使われ、残りは貯蔵鉄といって肝臓や筋肉といった部位に貯蔵されます。
貯蔵鉄は、いつまでも貯められたままというわけではなく、ヘモグロビン不足を察知すればその貯蔵鉄が使われるのです。

このように非常に大切な役割を担うからこそ、鉄分不足というのは避けなければならなりません。

毎日の食事では補いきれない場合も

鉄分は、豚レバーや鶏レバー、あさり、がんもどき、ホウレンソウといった食品に多く含まれていますから、鉄分不足が気になる場合は、そういった食品を取り入れながらの食生活を心掛けていくといいでしょう。
しかしそのような食生活は続けることが難しい場合もありますし、またそのような食生活だけでは鉄分不足が解消できないなんてこともあるはずです。
このため鉄分摂取をサポートしてくれるサプリメントも多く発売されているわけですが、そういったジャンルのサプリメントにはあまり興味が持てないなんてこともあるかもしれません。

そんなときには、ブルーベリーサプリメントに注目してみるのもおすすめです。
意外に思われるかもしれませんが、鉄分というのはブルーベリーにも含まれているものなのです。

鉄分とビタミンCを一緒に摂取できるブルーベリー

ブルーベリーには栄養素としてビタミンCも含まれますが、鉄分とビタミンCというのは非常に相性がよく、ビタミンCがあることで鉄分が体内へと吸収しやすくなるのです。

鉄分はそれ単体では吸収効率が悪いと言われますから、その効率がアップするような栄養バランスを持つブルーベリーは注目の素材と言えそうです。
また、ブルーベリーには貧血解消に欠かせないビタミンEも含まれています。
ビタミンE不足は溶血性貧血のリスクを高めますから、鉄分やビタミンCだけでなく、ビタミンEも一緒に摂取していくことが望ましいでしょう。

健康維持のために何種類かのサプリメントを飲んでいる方もいるでしょうが、ブルーベリーサプリメントであれば、それをひとつに絞るということも可能になります。
貧血によってなかなか活動的になれないという方は、その改善策としてブルーベリーサプリメントを選んでみてもいいのではないでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ