ブルーベリーの品種

ブルーベリーの品種は、ノーザンハイブッシュとサザンハイブッシュ、ラビットアイ系に大きくわかれますが、それぞれ品種は数多くあり、味、風味、育てやすさ、アントシアニンの含有量も品種によって様々です。
また、ジャムなどの加工品に適している品種もあります。
粒の大きさも、ノーザンハイブッシュのチャンドラーのように、500円玉を超える大きさの粒もあります。
実のとれる時期も早生から晩生まで、3ヶ月くらいの開きがあります。
果実のおいしいものとしては、いくつかの品種があげられますが、結局、風味は酸味と甘みのバランスの好みによるところが大きいものですから、評価は一定ではありません。

これだけ多数の品種があると、何に重点を置いて栽培するかが品種選びのポイントとなるようです。

品種によっては、暖かい土地では育てにくいものもあるので、まずは、お住まいの地域にあった品種を選ぶことがポイントとなるでしょう。
次に、樹木の大きさも様々なので、庭木として植える場合には、周囲の環境を考えて、大きく成長しないものなどを選ぶことも考えられます。
その上で、育てやすさ、味、収量のいずれに重点を置くかで品種を選ぶと失敗がないのではないでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ