アントシアニンとは?

そもそもの「アントシアニン」とは、植物を紫外線から守るためのものです。
私たちが紫外線を浴びると皮膚をメラニンで黒くして体を守るように、
植物はアントシアニンによって青紫色になって自身を守ります。
ブルーベリーを始め、ナスやアジサイなどの植物もアントシアニンを持っています。
ではこのアントシアニンを私たちが摂取するとどうなるのでしょうか。
最も有名な効果は視力に関する効果です。
視力改善や眼精疲労を回復させるなど、様々な効果が実験により報告されています。
その他にも
・抗酸化作用
・コラーゲン安定作用
・毛細血管保護作用
・活性酸素の生成抑制作用
・循環改善作用
以上のような作用が報告され、健康な体つくりを助ける効果が
期待されています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ